×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

肥満でもできるバイト

空腹が原因で起こる口臭があるとききました

ちょっと太り気味の方はわかると思いますが、いつも空腹感を覚えていませんか?

食事抜きのダイエットや、朝食などを抜き空腹な状態で起こる口臭です。こうした生活を続けると口臭がよりひどくなることも考えられます。規則正しい食生活は口臭やお口の病気にも大切なことです。


【口臭の原因となる飲食物】
タンパク質の多い食べ物(乳製品、肉類など)を食べた後は、口腔内バクテリアがタンパク質を分解しようと活動し、臭いの成分をつくりだします。口臭の元となりうる飲食物を口にした後は、食後のケアをしっかり行いましょう。

・砂糖 砂糖はバクテリアの発生を促進します。食後のエチケットガムなどは気分的にスッキリしますが、一時的に臭いを抑えているにすぎず、砂糖によりバクテリアは繁殖しているのです。

・コーヒー 酸性が強い食べ物もバクテリアの繁殖が活発になり、虫歯にもなりやすくなります。

・アルコール アルコールを分解する際には口の水分が大量に奪われ、唾液の分泌も低下します。洗口剤やマウスウォッシュの中にもアルコールを含むものがありますがおすすめできません。洗口剤などを選ぶ際には、アルコールフリーの製品を選んでください。

・タバコ 喫煙により血行が悪くなると唾液の分泌量も低下し、口内の自浄作用、殺菌作用が機能せず、ドライマウスや口臭を引き起こします。また、タバコにふくまれるタール自体も独特なニオイを発生させ、口臭の原因の1つになっています。


肥満でもできるバイト先を探していますメニュー